カテゴリー「映画・テレビ」の2件の記事

2012年12月30日 (日)

ヒュー・ジャックマン主演 映画『レ・ミゼラブル』

ヒュー・ジャックマンがジャン・バルジャン役の映画『レ・ミゼラブル』を観てきました。今回の映画『レ・ミゼ』は前編ミュージカル仕立てということでして、期待は裏切られず、とにかく素晴らしかったですnoteshappy01

オフィシャルサイトではもっと長い予告編が観られます(オフィシャルサイトはこちら→ http://lesmiserables-movie.jp/

主演のヒュー・ジャックマンがあんなに歌える俳優さんだったとは!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私は個人的には『X-メン』シリーズでのウルヴァリン役よりも『ニューヨークの恋人』の王子様レオポルド役の方がずっとお気に入りなのですが、今回のジャン・バルジャンは少~しだけレオポルド気味だったかも?(そうでもないかな?)そして、重~い馬車を持ち上げるシーンではちょっぴりウルヴァリン系な感じが出ちゃってたかな?というところでしょうか(←これも私も勘違いかもしれませんけどね)。(;´▽`A``

でも、そんなことより、何よりも、本当に、ヒュー・ジャックマンという俳優さんがあんなに「歌える俳優」だったとは全く知りませんでした。見直しましたよ。ホント、凄いんだから。

その他の俳優たちももちろん皆歌える人ばかりですしね。(*^ー゚)bグッジョブ!!

『レ・ミゼ』を観たことある人も、まだの人も、見たほうがいいですよ~。happy01

この映画のテーマは先ずは「無償の愛」「許し」、そして「再スタート」ですかね。

今年観た映画の中で私の中ではやっぱり一番良かったかも、などと思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

やっぱり美空ひばりはスゴかった (*゚▽゚)ノ

先週あたりから耳にするTVのANAのCMソング「ペーパームーン」がまたTVで聞こえてきたので、「誰?」と画面を見ると「美空ひばり」 w(゚o゚)w

やっぱりね~winknotes
数年前に美空ひばりさんの英語のスタンダートジャズナンバーを数曲聴く機会があったのですが、その時、思わず耳を疑うほど素晴らしいsign03思った記憶がありますhappy01

まず、声がいい。(←これはもう言うまでもありません)
そして、英語の発音が素晴らしい。ほぼパーフェクトshine

最初聞いたときは、英語のネイティブの女性歌手の誰かが歌っているのね、と思ったほどでした。

ANAのCMソングはこちらからです(今は美空ひばりさんの「ペーパームーン」が28秒ほど聴けます)→ http://media.ana.co.jp/

まあ、重箱の隅をつつくがごとく、あえて専門的な厳密なことを言ってみれば、この約28秒間に7箇所ほど、実は修正してもいいかな?という英語の音があることはあるのですが・・・いいえ、そんな小姑の小言みたいなことは言いませんbearing
これで既に十分です。ほぼパーフェクト。尊敬しちゃいますね~lovely
やっぱり音楽の才能がある人は、恐らく耳が良いだけではなく、聴いた音を自分で再現する(真似する)ことが器用にできるので、自分の発音をしっかりと自分で聞きながら修正して完璧に近い方向に作っていける、ということでしょうね。confident

これまでに発音がいいなと思った歌手は、美空ひばりさんのほかには、平井堅さんですね。他にももっと、ちゃんといろいろと聴いてみれば、もっといるのではないでしょうか。(o^-^o)

ちなみに「ペーパームーン」(It's Only a Paper Moon)の歌詞は以下のとおりです。

Say,it's only a paper moon
Saling over a cardboard sea
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Yes,it's only a canvas sky
Hanging over a muslin tree
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Without your love
It's a honky-tonk parade
Without your love
It's a melody played in a penny arcade

It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

歌詞の意味は、この方のサイトをご覧になって下さい↓ http://pmoon.hp.infoseek.co.jp/papermoon.html

ナタリー・コールの映像もありましたので、どうぞ。(さすが、メチャクチャ上手いですhappy01

余談ですが・・・
英語の発音が良いということと、英語で「話せる」ということは全く別物と思ってよいでしょう。実際、平井堅さんは「ボクは英語でしゃべる方は全然できませんから」と公言していますね。(もちろん、英語の発音も素晴らしいし、同時にじゃんじゃんしゃべれる方もいらっしゃいますから、それはスゴイことですね。まさしくその人の努力の賜物ですよね。happy01 )

発音重視の傾向があった20世紀とは違って、21世紀の今は、発音は「通じる発音までに修正」する程度にして、あとは、実際にどれくらい自分達のことを「話せるか」、ということに重視の焦点が変わってきています。

ですから、何もネイティブぽい発音ではないから、な~んて、引っ込み思案になっていると、大損してしまいますね。(≧∇≦)

例えば、フランス人、イタリア人、インド人やエジプト人、サウジアラビア人の話す英語を聞いたことがあればお分かりでしょうが、そんな引っ込み思案にはっていたら日本人は彼らに押されてしまって、損するだけになりますよね。彼らの英語を聞いてみたら、そんなに引っ込み思案になっている場合じゃないわ、と誰でも思うと思いますから。

さあ、自信を持ってど~んと頑張りましょう、日本人sign03 happy01scissors

| | コメント (3) | トラックバック (0)