« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の7件の記事

2012年1月31日 (火)

「成功者と失敗者の条件」♪(。・w・。 )

今日フェイスブックの方でまわっていた興味深いものを載せましょう。(*゚▽゚)ノ (写真をクリックすると拡大されます)

395566_241817849232435_100002126651

まさに、そのとおりって思いますよね~confident 

時々これを見て、自分の姿勢をチェックするとよいかもしれません。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

アデルってまだ23歳!( ̄◆ ̄;)

イギリスの歌手Adele(アデル)って、1988年生まれの23歳ですって。信じられません~。とてもそんな若年の歌いっぷりには聞こえませんね。(゚ー゚; 

notesSomeone Like Younotesです。やっぱり、shine響きそうなshine体格してますし~note。とにかく素晴らしい~happy02 (http://youtu.be/jCya1yiFFP4

今度アデルの曲にチャレンジしてみようかな????(←怖いもの知らずの発言でした・・・。失礼いたしました)(*^.^*)

なお、彼女のオフィシャルサイトはコチラです→ http://www.adele.tv/ happy01 notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

Joyful Joyful♪(゚▽゚*)

最近はピアノの練習をする時間も細切れ時間で何とかするしかないのですが、細切れなりに何とかかんとか続けています。

昨年秋からしばらく「修行系テキスト」で訓練系をしばらくやっていましたが、先週からはまたレパートリー集に戻り課題曲がでました。今度のはnotesJoyful Joyfulnotes(ベートーベン作曲、ヘンリー・ヴァンダイク作詞)。映画「天使にラブソングを2」では途中でラップも取り入れた編曲になっている形で使われており、この映画がきっかけで日本でもいまやゴスペルの定番曲の一つとして定着したようですね。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 

私に与えられたこの課題曲、コードに9thや11thや13thなどテンションがビシバシ入っているのと、ハーモニックポイントを外さないようにちゃんと鍵盤をしっかり押さえることと(←当たり前ね!coldsweats01)、ちゃんとゴスペルのリズムになってなきゃならないのとで、けっこう大変~。でも、手と頭を両方かなり使うので、ボケ防止にはかなりいいんじゃないかな、な~んて思っています・・・happy02

YouTubeにその映画「天使にラブソングを2」からの映像がありましたので載せましょう。出だしを歌っているLauryn Hill(ローリン・ヒル)ちゃん、歌上手すぎ~、スゴすぎ~noteshappy01 すっばらしいですshine (http://youtu.be/-wNmlrdCBkE

Joyful, Joyful
Lord, we adore Thee
God of glory
Lord of love
Hearts unfold like flowers before Thee
Hail Thee as the sun above
Melt the clouds of sin and sadness
Drive the dark of doubt away
Giver of immortal gladness
Fill us with the light
Fill us with the light
Oh, fill us with the light of day......

[コーラス]
Joyful, Joyful
Lord, we adore Thee
God of glory
Lord of love
Hearts unfold like flowers before Thee
Hail Thee as the sun above
Melt the clouds of sin, sin and sadness
Drive the dark of doubt away
Drive it away
Giver of immortal gladness
Fill us
Fill us with the light of day
Light of day!


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

再び "Quando Quando Quando"♪(・∀・)イイ!

去年の3月記事にしたホンダフィットのCM曲、Engelbert Humperdink(エンゲルベルト・フンパーディンク)notesQuando Quando Quandonotes(クワンド・クワンド・クワンド)notes 。(その時の記事はこちら→ http://killerqueen.cocolog-nifty.com/engelbert/2011/03/quando-quando-q.html )

最近TVのCMで再び耳にするようになりました。YouTubeに結構たくさん映像があるので、むか~しのを載せますね。1968年のヒット曲なので、ホント、映像が古めですね~ψ(`∇´)ψ

http://youtu.be/128LI6_4L-s

彼の本名はアーノルド・ジョージ・ドーシーという、割合に平凡な名前を持つイングランド人です。デビュー時の芸名は「ジェリー・ドーシー」という、あまりパッとしない芸名だったためかなかなか売れなかったのですが、あのトム・ジョーンズ(ウェールズ人)を大スターに仕立てたスゴ腕マネージャーの手にかかり、「絶対に誰も忘れないような芸名を」と、ドイツのオペラの作曲家の名前を付けられてしまった、といういきさつがあります。エンゲルベルトの自叙伝にそう書いてありました。

それにしてもエンゲルベルトの「もみあげ」って笑っちゃうくらい凄いですよね( ´艸`)プププ。このエンゲルベルトの笑っちゃうようなもみあげを真似したのがあのエルビス・プレスリーだったそうです。これも彼の自叙伝に書いてありました。(・∀・) 彼らはエンゲルベルトがアメリカ進出してラスベガスのホテルでディナーショーをいくつもこなす大スターにになってから出会っています。エンゲルベルトによれば、エルビスはとても良い人柄の人だったそうです。

そして、あの「また逢う日まで」の尾崎紀世彦さんも、もしかしてエンゲルベルトのを真似しましたかね。(*^m^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

"The Closer I Get to You"(1978) ♪

1978年の大ヒット曲 notesThe Closer I Get to You notesを別の歌手の歌声で今日耳にしました。

元の曲はこちら。ロバータ・フラック&ドニー・ハサウェイ(Roberta Flack & Donny Hathaway)。(http://youtu.be/0T7NLqMGEck

探したらいろんな歌手がカバーしていましたが、中でもいいのがこのビヨンセ&ルーサー・バンドロスのバージョン。CD音ではなく、アメリカのAlcorn State UniversityのDepartment of Fine Arts(芸術学部)で、ピアノ1本の伴奏だけで歌い上げているライブ映像がありましたので、そちらをshine。オリジナルの方とは男女の歌う場所を逆に、つまり、ロバータ・フラックが歌っていたところをルーサー・バンドロスが、ドニー・ハサウェイが歌っていたところをビヨンセが歌っているのも面白いですし、後半からは「ビヨンセ節」がビシバシ始まるのも素晴らしいですheart04http://youtu.be/A01S2rSJ2VE

やっぱりビヨンセはタダモノじゃありませんね。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

面白すぎる映像(オペラ歌手編)( ´艸`)プププ

アメリカの音楽大学の教授をやっているカナダ人の友人がfacebookで紹介した映像が爆笑ものでしたので、こちらで紹介しましょう。

舞台上にいないときの、普通の生活をしているときのオペラ歌手たちの会話や行動をただ撮影したものですが、ものすごく可笑しいです。プロじゃなくても、趣味で歌を歌ったりしている人なら、この映像の人たちにある程度共感できたりして・・・。(≧∇≦)

字幕はついていませんが・・・、どうぞ~sign03scissorshappy01

http://youtu.be/E93HCfl_-5k

o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

あけましておめでとうございますm(__)m

すこし遅くなりましたが・・・ coldsweats01

あけましておめでとうございますhappy01sun

20120101065249_3 

20120101065539_3

20120101071553_3

実家近くの山の上から撮った初日の出ですsunhappy01camerashine

今年は明るいshine良い一年になりますように。winknotes

Dsc02591

今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »