« ピーター・ジェニングスが67歳で死去 | トップページ | 八戸へ出張 »

2005年8月28日 (日)

スコットランドのすごいショー

スコットランドに「ミリタリー・タットゥー」という、

超級「ドラム・コー」プラス「バグパイプ」の

もの凄いショーがあることを今日までど忘れしていました!

先日Blast!を観て大感激した私は、なぜかずっと、このスゴいイベントを今日まで忘れていたのでした。

先日スコットランド旅行から帰ってきた友人と今日会っていたら、その話が出て、

あっっ、実は私も観たんだ!

8年前にそのショーをみて大感激しことを思い出して、一緒に盛り上がっちゃいました!

オフィシャルサイトは、The 2005 Edinburgh Military Tatoo から入れます。

ドラム・コーとバグパイプの音が印象的な、とにかく「ものスゴい」ものです。

場所もエジンバラ城の中の庭で、まるで大きなスタジアムみたいな中庭に

観客をぎっしりと客席に入れて繰り広げられます。

昔のスコットランドを舞台にした映画に出てきそうな雰囲気もあって、

演奏している人たちもみんなすごくかっこいいし!

鳥肌も立ちまくり。

日本でチケットを取る場合は、かなり早めに(1年前から?とか)手を回して手配すると、何とかなるようです。

世界中から観客がこのショーを観ようと集まってくるようですので、当日券の入手はもちろん全く不可能らしいです。

今度8月にスコットランド旅行をご予定の方は、どうぞ!♪

一生に一度観られるといい、という代物かもしれません。

|

« ピーター・ジェニングスが67歳で死去 | トップページ | 八戸へ出張 »

コメント

どもども、星くんです。
これは、一般的にミリタリースタイルと呼ばれるマーチングの種類ですね!
一番古いマーチングのスタイルで、英国をはじめヨーロッパではまだまだこちらのスタイルが主流ですかね。
映画「ブラス」もこの系統のマーチングバンドの話でしたもんね!
一方のBlast!は、アメリカの海兵隊からの流れを汲むスタイルで、マーチングの業界では、まだまだ新参者の部類です。
このほか、アメリカの大学が主流で、アメフトのハーフタイムショーを主眼に置いたカレッジスタイルなんてのもあって(映画「ドラムライン」はこのスタイルのお話)、マーチングと一言でいっても様々なスタイルがあるんですよ!

投稿: dodo | 2005年9月 2日 (金) 15時28分

dodoさん(あ、星くん、かしら?)、またまた情報満載のコメントをありがとうございます!
へぇ~、そうなんですか・・・、私は映画「ブラス」も「ドラムライン」も全然知らなかったので、今回dodoさんに教えてもらったので、そのうちぜひ見てみたいと思いました。ビデオ屋さんに行って探します。
マーチングって奥深いんですね!
それにしてもdodoさんは博学ですね!いつも感心いたします。

投稿: キラー・クイーン | 2005年9月 3日 (土) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124243/5677482

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドのすごいショー:

« ピーター・ジェニングスが67歳で死去 | トップページ | 八戸へ出張 »